African Symbol History

アフリカン・シンボル プロフィール

学生時代から始めたサウンドシステムアフリカン・シンボルは、1980年代に勢いを増し、
自ら所有していたカッティングマシーンで、次々とダブプレートをカット。
サウンド・システムでのラブ・ア・ダブスタイルを中心とし、100個のスピーカーを持つ
ジャマイカ最大規模のサウンド・システムになっていった。
1983年にはエチオピア飢餓の為、チャリティーショーをプロモートし、約260万円を寄付。
1987年には、ジャマイカのサウンドシステムのサウンドクラッシュでNo.1のタイトルを勝ち取り、
同年、シンボル所有のサッカー・チームとネットボール・チーム(女子のバスケットに似た球技)が
共にジャマイカ・ナショナル・リーグで優勝。
同じころ、アフリカンシンボル・レーベルとしても、7インチを数々リリース。
90年以降しばらく活動を休止していたが、1994年−1998年にかけて、シンボルレーベルは、
日本人アーチスト「ランキン・パンプキン」と、ジャマイカの少女シンガー「セヤン」の
コンビネーションを次々リリース。
2000年には、54チャンネル&32チャンネルのミキシングボードを搭載したレコーディング・スタジオを建設し、
音源製作に力を注ぐ。
一方、アパートやオフィスと共に、長きに渡って親交を深めていた日本人の旅行者のための
ゲストハウスも経営している。


アフリカン・シンボルのサッカーチームのメンバー
AFRICAN SYMBOL UNITED FOOTBALL CLUB

1990年にフランスで開催されたサッカーのワールドカップで、日本と対戦したジャマイカのチーム。
そのレゲエ・ボーイズでプレイしていたスティーブン・マルコム選手もアフリカン・シンボルの
UNITED FOOTBALL CLUBに在籍していた。
小柄で仲間からは「ショーティー」(ショート=小さい・・・なので)と呼ばれていたマルコム選手は
スキルフルで屈強なミッドフィールダーとして活躍していたが、
2001年1月にジャマイカのキングストンで行われたアメリカとの試合の帰り、
彼と同じモンテゴベイの選手で、フランスのワールドカップでは、日本に2点のゴールを入れた
テアドー・ウィッツモア選手が運転する車が、モンテゴベイの手前のトレローニで転倒し、
マルコム氏は首の骨を折って即死、ウィッツモー選手は軽い怪我で済んだものの、
マルコム選手の死に対して罪を問われ、裁判にかけられたが、2ヵ月後には無罪で釈放された。
マルコム選手の突然の不幸な死に、ジャマイカ国民はたいそう悲しみ、ジャマイカ政府とフットボール協会は、
国を挙げて盛大な葬儀を開いて追悼した。


アフリカン・ユナイテッド・フットボール・チーム
1987年ナショナルリーグ優勝トロフィー


アフリカン・ユナイテッド・ネットボール・チーム
1987年ナショナルリーグ優勝トロフィー


スタジオ / サウンド・システム / レーベル / ゲストハウス&ホテル

ジャマイカ  / ラスタファリ  /  Links /  アフリカン・シンボルホーム