ジャマイカ チャリティー Jamaica One Love Charity

ONE LOVE チャリティー 「ジャマイカに愛を送ろう!」ワンラブ・ジャマイカ・チャリティー
実行人 
山下 純司 写真家。「HOT WALKING JAMAICAジャマイカの熱い日」を出版。
AFRICAN SYMBOL ジャマイカ モンテゴ・ベイで、ダブ&レコーディン・グスタジオ、ゲストハウスを経営。
PUMPKIN YOKO レゲエ・アーチスト。アフリカン・シンボルの「良き伴侶」。

2006年3月25日、計画していたPOOR HOUSEへの慰問を実行致しました。
この日は、奇しくもセラシエ皇帝の后、メネン皇后の誕生日。なんともGUIDANCE!
これを機に、慈悲に富んだメネン皇后に因んで、毎年この日にチャリティーを行おうと
決意した私(パンプキン・ヨーコ)とシンボルだったのであります。

ジャマイカのために何かしたいと熱望する写真家の山下さんが
身銭30000円を叩き、孤児院へ品物を買って寄付してきて欲しいと頼まれたのがそもそもの始まり。
以前、ホームレスの老人の世話をしているPOOR HOUSEを訪ねた事があった私とシンボルは、
お年寄りにも何かしたいということで、山下さんの寄付金とは別に、お年寄りのPOOR HOUSEも尋ねました。

山下さん(30000円=後払い!)と、私とシンボル(6000円位)の寄付金で、前日に大量に食料や生活用品を買い込んだ。


購入品明細

30000円(山下さんの身銭)=US$250=J$15500
  ( 
購入品 )

女児アンダーショーツ 48枚  女児アンダーシャツ  48枚  鉛筆  48本   洗濯粉石けん  12袋
トイレットペーパー   48ロール   米 約2.5Kg   10袋      コンビーフ   12缶
スープの元  24袋      砂糖   2.5Kg  4袋      小麦粉  2.5Kg  4袋   石鹸  26個  
ミントキャンディー 2袋     袋菓子  60袋       ボディーローション   12本
クラッカー 12袋    クッキングオイル 12本   漂白剤  12本   コーンミール  2.5Kg  4袋
歯ブラシ  26本   チューブ歯磨き  24本    ノート   26冊   ハンドタオル  36枚


当日は熱々のパティを2ダース買って、お昼過ぎ、いざ、孤児院へ到着・・・したものの、
子供達はみんな学校へ行っていていませんでした。。。。
まぁ、冷静に考えたら当たり前の話ですわ。平日の昼間ですもん。
計画変更、後で行くはずだった老人ホームを先にすることに。
途中、パックのジュースを数ダースと、ビニール袋を購入した。
シンボルは、Tシャツを何枚かどっかから買って持ってきた。
ビニール袋に石鹸と歯ブラシと、ハンドタオルと、
袋菓子と、ジュースを一つずつ入れて、ギフト袋を作った。

こちら、ST.JAMES INFIRMARYは、政府支援の診療所で、主にホームレスになった
老人達を引き取って世話をしている。
中には、両親を殺され、AIDS患者だという若い女の子も。


事務室で看護士さん(左)と。


ギフトの数が、いささか足りなかったため、今回は女性(エンプレス・メネン)の為の日だからという理由にして
おばあさん達にだけプレゼントを渡した。





老人ホームを後にした私達は、孤児院へ行く前、子供たち用のギフト袋を26個せっせと作った。
袋菓子と、ノートと、鉛筆と、石鹸と、ハンドタオル、歯ブラシと歯磨き入り。



ギフト袋を配る               お礼に、ジャマイカ国歌を合唱してくれた



Garland Hall Childrens Home
876−956−4020
Anchovy St.James Jamaica

こちらは、教会(バップティスト)の援助によって建設、運営されている孤児院です。
4歳から、14歳までの27人の孤児をケアーしています。
 

デジカメに写る自分の姿にはしゃぐ老人や子供達でした。
写真を現像して送らなきゃ。


最後、余ったのは適当に配った。。。。


反省点・・・安いものを大量に買う・・・という事に捕らわれてしまっていた。
もうちょっと、良い品をあげればよかった・・・と。
特に、歯ブラシなど、購入した卸ショップでは、硬めの歯ブラシしか売っていなかったので、
それを買ったが、老人など、歯茎が弱っている人には、良くなかったかも・・・・。
せっかく、日本から行くんだったら、日本の安くて良いものを100円ショップとかで、
買って持っていくのが良いと思いました。
食料品は別として、日用品などは、日本の方が品が良いので。
たとえ、ただのポケットティッシュやいらない景品やおまけでも、珍しいギフトになり得る。
そういったもの募集します!

ONE LOVE

現在のところ・・・・賛同してくださる方より、募金箱を設けるという事と、
バザーをするというアイデアが出ております。。。
私は、物をあげるならば、その品物と自分の写真を一緒に撮って品物に添えてあげる。。。
もらった方もどんな人からもらったのか分かるので、良い思い出になるのだろうと思います。
その後も、個々で手紙など交換できるような関係になれば素敵ですね。

MORE LOVE

いやはや、賛同してくださる方々からの熱いメールを頂きました。。。
取りあえずのシステム的な方針としまして・・・・
身近なショップなどに協力してもらい、募金箱を設置してもらう。。。。
募金箱は、ポテトチップス筒型1/2サイズが良いのではないかとなりました。
それに、こちらのロゴを貼り付けていただく。
↓ ↓ ↓


また、デモンストレーション用にミニ・アルバムを作ってみました。
緑色にPOOR HOUSE訪問の写真。
黄色に孤児院訪問の写真。
ピンク色は、皆さんの「HELLO」を送りましょう!
と言う事で、寄せ書き用です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


写真の山下さんが、何とご自身の写真集を資金源に寄付してくださると!!!
とりあえず、100冊。

賛同者の方は、連絡下さい。メール

ONE LOVE CHARITYサイト

AFRICAN SYMBOL HOME    PUMPKIN YOKO HOME    山下 純司 HOME